福岡で天神で接骨院をお探しの患者様、腰痛・肩こりなら当院にお任せください。

界面活性剤をあたなは食べている

先日、患者さんと「乳化剤」の話になった。
 
いきさつは忘れましたが、
「乳化剤」ってどうなんでしょうか?
という話だったと思います。
 
「乳化剤」とは「食品添加物」でなり「界面活性剤」である。
 
・乳化剤
・界面活性剤
 
水と油は混ざりにくいということはほとんどの方が知っていると思いますが、
それをうまく混ざるようにすることができるのが乳化剤である。
 
現代の食品は、よく見せたり、味を変化させるような添加物がタンマリ入っている。
 
ここで問題になるのは、乳化剤はなぜ入っているかではなく、
乳化剤が体内に入ることによってどういうことが起こりえるかである。
 
腸の表面というのは、細胞と細胞の間が開いたり閉じたりしています。
それは、腸内細菌が関与していてバランスが保たれています。
しかし、「乳化剤」は、腸内細菌のバランスを崩し、
結果、腸の細胞間を必要以上に開くことになります。
 
腸の細胞間に隙間ができると本来通過しない物質まで腸壁を通過し、
血管内部へ侵入します。緊急事態発生というわけです。
その緊急事態に免疫系が過剰に反応し、炎症や様々な症状を引き起こします。
 
詳しくは、以下のリンク先をご参照下さい。
「Nature」の記事ですので、説得力があると思います。
 
食品に添加された乳化剤の危険性についての警告
 
健康は、食事によって乱れているといっても過言ではない。
 
一覧

お気軽にご相談ください

092-718-7727

まいづる1丁目LINE@アカウント

メールから予約する

初回施術が6480円

お気軽にご相談ください。