福岡で天神で接骨院をお探しの患者様、腰痛・肩こりなら当院にお任せください。

首の痛み

「自律神経」を治療することで
どこに行っても良くならない首の痛みが治せる整体

「自律神経」から「首の痛み」が治せる

「自律神経」を治療することで「首の痛み」の改善ができます

あなたの首の痛みは、アスリートのように大きな転倒による打撲や捻挫によるものでしょうか?
そうでなければ、「内臓の不調」による「自律神経」を介した筋肉・関節への「反射」とよばれる痛みだと考えられるます
当院の治療では、「自律神経」の中でも「交感神経」の興奮を鎮めることで「痛み」の原因を取り除くことができますよ!

あなたがお困りの症状はどれでしょうか?

このようなことでお困りではないでしょうか?

・ストレートネックだと言われいてるが、首の痛みをなんとかしたい
・牽引・リハビリ・痛み止めも効果がない
・日常生活に支障が出ているため、シップなどでだましながら過ごしている
・すぐに首・肩が凝ってしかたがない

何件病院へ行ってもよくならない、どうしたらよいのだろうとお悩みかと思います
なにが悪いのか?お答えいたします。是非ご相談下さい。
いっしょに解決していきませんか?

当院の「首の痛み」治療の特徴

「首の痛み」の原因を改善させる治療内容

自律神経は「首を通っている」

「自律神経」を整える

首の両脇には「自律神経」が通っており、「自律神経」が興奮状態だと首の筋肉・骨が緊張し痛みやコリの原因となります
そのままの状態で生活を続けると「歪み」や「さまざまな首の症状」へ発展してしまいます
当院では「首の痛み」の原因となる自律神経の興奮、特に交感神経の興奮をしずめ、柔軟な首にしていきます

首の痛みには「頭蓋骨調整が有効」

頭蓋骨を歪みを調整

これまで沢山の方に「先に来てたらよかった!」と喜んでいただいております
関節をバキバキ鳴らしたり力づくで伸ばしたりはいたしません!
「自律神経」を整え、無理なく「首の痛み」をよくしましょう!

治療環境で「首の痛みが変わる」

治療空間

「自律神経」は繊細です
ストレスがかかる環境では改善は難しいです
当院では、「頚の痛み」に悩まれる方が安心して治療が受けれるよう
音(音楽、集中できる、静か)、匂い(リラックス)などを考慮した環境を準備させて頂いております

首の痛みに必要なケア方法

わかりやすい説明

治療後どのように過ごせば良いか?
食事や日常気をつけることは?
など「頚の痛み」に関するアドバイス・ケア方法をお伝え致します
次回の治療まで安心して過ごしていただき、良い状態を保つことも改善に向けて大変重要なことになります

ご質問・「身体の痛み」に関するその他の症状

質問・不安

当院は「頚の痛み」に関しての治療を得意としておりますが、「身体の痛み」は「身体からのサイン」ととらえて治療しておりますので、「頚に」に限らず、「肩」「腰」「膝」に関するお悩みがございましたら遠慮なくご相談下さい
きっとお役に立てると思います
「自律神経」と「痛み」、まったく異なることかと思われるかもしれませんが、切っても切れない関係にございます
「関係ないかな?」と思われず、話せる範囲でお話し頂けると幸いです

・どのくらいの間隔で治療を受けたらよいでしょうか?

急激な症状については、痛みが出ない身体にすることが重要になりますので、
数回つづけて治療を受けて下さい(ぎっくり腰などは翌日でも大丈夫です)
その後は、症状にあわせて週に1回から徐々に間をあけていきます

・治療を受けれない症状はありますか?

出血・感染症でなければ基本的には治療を受けて頂けます
心配がございましたら、整形外科・内科での検査を受けてから治療されるとよいと思います
特に頚椎のレントゲンは撮っておかれることをお勧め致します

費用はどのくらい?

ご通院にはお得な会員制がございます
その際は、1回5,500円となります


通常は、1回8,800円です

・頚椎症、ストレートネック

頚は、「神経」の通り道です。自律神経の異常な興奮が筋肉を固くして歪みがうまれます
牽引や力学的な治療よりも、自律神経の興奮をゆるやかにする治療をお勧めいたします

・四十肩、五十肩

身に覚えがない方が多いことからも「自律神経」が関連する症状と言えます
特に女性だと「ホルモンバランスの崩れ」や「胃腸の不調」が原因であることが多く、十分治療可能です。

・慢性腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症

背骨や骨盤も重要ですが、「内臓」から治療することをお勧めします
気圧の変化や起床時の血圧の上昇など「普通」に生活しているだけでも腎臓(腰に二つある)に負担がかかります
寝て起きた時に痛いのはそのことが大きいです
内臓を中心に骨格を整え、腰痛の無縁の身体になりましょう

・ぎっくり腰

自律神経症状の代表的な症状です。
胃腸、特に腸の不調が周囲の筋肉を急激に緊張させ骨格を固く動けない状態にします
「固く」することは「守る」ことでもありますので、身体の反応としては正しいですが、
痛みはとても辛いです。「内臓の治療」を行いますので、二度と起こらない身体を手に入れて下さい

・膝痛

右膝は「胆嚢」、左膝は「胃」の不調により膝周囲の筋肉の緊張を起こし症状が出ます
自転車で転んだ・つまづいて膝を打ったなどでない場合は、「内臓」の状態を診ていく必要があります
腰痛や背中の痛みも起こっているかもしれません。外科的治療で改善しない場合はご相談下さい

お気軽にご相談ください

092-718-7727

まいづる1丁目LINE@アカウント

メールから予約する

初回施術が6480円

お気軽にご相談ください。